ホーム > その他経営支援 > 労働保険事務代行サービス(労働保険事務組合)
労働保険事務代行サービス(労働保険事務組合)
経営者も労災保険に加入できます

労働保険事務代行サービス

 

労働保険は政府管掌の保険制度で、労働者を一人でも雇用した場合、必ず加入しなくてはならない保険制度です。

 

しかしながら、労働保険の手続きは、その経験の無い経営者にとっては大きな負担です。 名古屋商工会議所ではこのような経営者の方のために会員企業限定で労働保険の事務代行をおこなっています。

 

労働保険事務組合に事務委託をしていただければ、労働保険事務組合員としての加入になるため、通常は労災保険に加入できない経営者や家族従事者の方々も加入することが可能です。
これは労働保険事務組合の大きなメリットの一つです。

労働保険事務代行サービス

労働保険の事務代行手数料(年間)も概算保険料の10%と割安で、大変お得です。

 

従業員を新たに雇入れたが、どのように労働保険の手続きをしたら良いか分からない方や、本当は労働保険に加入しなくてはならないのは認知しているが、まだ加入していないという企業の方にお勧めです。

 

サービス利用のお申込みをいただければ、面倒な事務手続きは全て労働保険事務組合が代行いたします。名古屋商工会議所の労働保険事務代行サービスは、会員の皆さまにもご好評いただいております。

 

労働保険事務代行サービスを是非ご活用ください。

 

労働保険事務代行サービス・メリット